提供カリキュラム - LTE Junior(6歳~12歳)

英語を学ぶのではなく、英語で学ぶ。

ジュニア LTE は、小学生向けのカリキュラムです。そして、名前の通り、英語を使いながら特定のトピック ( テーマ ) についてのコンセプトを学ぶことに力を注いでいます。
トピックは、日本の小学校の6年制に合わせて6段階のレベル、3学期制に合わせて1年に3つのトピックが設定されています。

授業は、次のように進められます。
・授業のコミュニケーションの基礎として使う語彙や単純な言葉の構造を紹介
・トピックの中心となる「コンセプト」の説明。
・活動やゲームやロールプレイを通じて、紹介されたコンセプトを探求

子供達の多くは、ジュニア LTEで初めて英語に触れます。子供達が「授業が楽しい」と感じる経験をしてもらうことがとても大切だと考えています。

このジュニアLTEのカリキュラムは、現在、東京インターナショナルスクールアフタースクールにて子供達が学んでいます。

カリキュラムの1例 - ある日の3年生クラス -

クラスでは:
教師「ああ、おなかが空いた。ピザが食べたいなあ」「ピザが好きな人?」

手を挙げた生徒に「ピザに乗せるどのトッピングが好き?」とトッピングの絵のフラッシュカードを見せ、それぞれの名前を説明。そして、”Do you like …. on your Pizza?”と聞いてみる。

「さあ、自分のピザを作ってみよう!」

生徒達は自分のピザの台の上に、自分の好きなトッピング(赤い三角形の紙のトマト、黄色の紙を丸めたコーン、黄色の細長い紙のチーズ、ピンクの丸いハム等)をのり付けし、自分のピザを作ります。

トッピングには、それぞれ値段がついています。できあがった自分のピザを使って、ピザ屋さんとお客さんのロールプレイをします。

“I’d like corn, tomato, cheese, and mushrooms on my pizza.”
“That will be ***** yen.”